静岡市清水区にある歯医者です。精細根管治療、歯周組織再生療法、小児歯科、インプラント、予防歯科

静岡市清水区千歳町2-8-1

054-352-2954
  • HOME
  • スタッフ
  • 院内ツアー
  • 設 備
  • 治療費
  • アクセス

インプラント義歯とは

義歯(入歯)は通常、残っている歯とその周囲の歯茎によって支えられ、ものを噛む仕組みとなっています。しかし、本来入歯は固定性の修復物(ブリッジ等)に比べて安定性に乏しい事が多く、ものを噛む能率が悪い、使用中のがたつき等から歯茎や歯に痛みを生じる事も多いものです。

インプラント義歯は入歯を少ない本数のインプラントで支え、半固定することにより(取り外しは可能です)いままでの入歯の短所を大きくカバーした入歯のことを言います。

長所

  1. 通常の入歯と比較してしっかりと固定する事が可能
  2. 噛む能力が高い
  3. がたつきが減るため、痛みを抑える事ができる
  4. 入歯が浮き上がったり外れたりする事がほぼなくなる
  5. 全顎にインプラントを使用する固定性の治療法にくらべて費用を安価に抑える事ができる

短所

  1. 保険適用外である
  2. きちんとしたメンテナンスを受けていく必要がある

少ない予算でもその状況に応じて治療計画を立案することが可能です。

「いままで総入れ歯は、がたついてしまって、すぐ痛みがでたり、外れてしまっていたので入歯安定剤を毎回交換して使用していた」

このような方には非常に画期的な治療法だと言えるでしょう。

まずは当院の歯科医師にご相談ください。