静岡市清水区にある歯医者です。精細根管治療、歯周組織再生療法、小児歯科、インプラント、予防歯科

静岡市清水区千歳町2-8-1

054-352-2954
  • HOME
  • スタッフ
  • 院内ツアー
  • 設 備
  • 治療費
  • アクセス

インプラント治療オプション

インプラント治療を行う上では様々なオプション処置が存在します。

インプラントを埋め込むには

この二つの要素が絶対的に必要となってきます。

しかし、歯を失って時間が経過してしまった場合や、歯が割れて歯茎が膿んでいたり、歯槽膿漏で顎骨が痩せてしまっていると、これらの条件が満たせず、そのままではインプラントを埋め込む顎骨が不足していることもよくあります。

そこで以下のような治療オプションを併用する事ができます。

①GBR(Guided Bone Regeneration)

「骨再生誘導法」と呼ばれるこの治療法は欠損した骨を再生させる治療法です。骨が足りなくなっている部分に歯茎等の軟らかい組織が混入しないよう、生体材料でできた特殊な膜でその部分を覆います。

こうすることで骨の再生誘導を行う事が可能です。

自家骨(自分の口腔内から採取できる骨)を移植する事もあります。


②ボーングラフト(bone graft)

骨移植を行う処置で、自家骨(口腔内から採取した自分の骨)を移植し、骨の量を増やしてインプラントを埋め込み可能な状態にします。移植する骨はブロック状に採取する事もあり、その骨を増やしたい部分にピンで固定したりします。自家骨が足りない時は人工生体材料や、他家骨(厚生省で認可されている動物由来の骨)などを利用する事もありますが、きちんとした説明と患者様の同意を得てから使用します。

③上顎洞底挙上術( Sinus-Lift or Socket Lift)

「サイナスリフト法 ソケットリフト法」と呼ばれている処置です。

上顎の奥歯(大臼歯や小臼歯)の上部には上顎洞とよばれる空洞になっている部分があります。ちょうど鼻の側面あたりに存在するのですが、この空洞との間に、必要な骨量が足りない場合、上顎洞の最下部を少し持ち上げて骨の増える隙間を作りインプラントを埋め込み可能な状態にする処置のことをいいます。

サイナスリフト法


ソケットリフト法


スプリットクレスト(Split Crest)

この方法は顎骨の幅や厚みが足りないときに行う処置です。

歯槽骨頂(歯を支える骨の頂点部)から特殊な機材で骨に切れ目を入れて、骨を徐々に分割し、その開いた隙間にインプラントを埋め込みます。こうする事で骨の幅を増やす事が可能です。


これらの方法は、通常よりも手術時間が長くなる事もあるし、費用も余分にかかってきますが、顎の骨が痩せてしまっている場合には非常に有効な手法となっており、歯科の世界では広く用いられています。当院でも専門の知識とトレーニングを積んだドクターが施術を行います。

詳しい治療期間や費用等は当院の歯科医師にご相談ください。